メインコンテンツにスキップ
ブログオルタナティブ・クラウド™についてハイパースケールに代わるもの。正しいパブリック・クラウドの選択

ハイパースケール代替手段:正しいパブリッククラウドを選ぶ

ハイパースケール代替手段:正しいパブリッククラウドを選ぶ

オルタナティブ・クラウド・プロバイダーという言葉は、意外とニュアンスが強い印象を受けます。この用語を最初に作った人の1人である451 Researchのリサーチ・ディレクター、Liam Eagle 氏は、代替プロバイダをハイパースケーラー、例えば Amazon Web Services(AWS)Google Cloud PlatformMicrosoft Azure などではないパブリック・クラウド・プロバイダと定義しています。しかし、すべての代替プロバイダがハイパースケーラーが提供するものに代わる信頼できる代替プロバイダとは限らないため、ここでニュアンスの違いが出てきます。

それは次の疑問につながります:"信頼できる"とは何を意味するのでしょうか? Eagle 氏によるとそれは5つの重要な基準に基づいていると言います。

  • クラウドプロバイダーは、オブジェクト・ストレージ、ブロック・ストレージ、コンピュート機能、DNS、ロードバランシングなど、必要不可欠な機能を提供していますか?
  • クラウドプロバイダーはプロビジョニングや運用のためのAPIを持っていますか?
  • クラウドプロバイダーの性能は大手ベンダーと比較してどうなのか?
  • クラウドプロバイダーはグローバルに展開しているか?
  • クラウドプロバイダーは規制遵守の要件を満たしていますか?

"多くの組織が複雑さに悩んでいるので、代替案の利点はユーザーインターフェースのシンプルさ、カタログのシンプルさ、価格設定のシンプルさ、学習曲線のシンプルさです。" とEagle氏は説明しています。 

しかし、代替プロバイダーとハイパースケーラーの選択は必ずしも明確ではありません。このビデオで Eagle 氏は、企業が異なるプロバイダーからどのように利益を得ることができるか、また、多くの企業がマルチクラウド戦略においてハイパースケーラーと代替クラウドプロバイダーの両方を組み合わせて利用するケースが増えているかについて、例を挙げて説明しています。

この記事は、451 Research との提携により制作されたビデオシリーズ"The Alternative Cloud : Analyst Corner"の一環であり、業界をリードするクラウドの専門家が今日の最高のクラウド戦略について実践的なアドバイスを提供しています。


コメント 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。