メインコンテンツにスキップ
ブログLinuxArch Linux ネットワーク設定のアップデート

Arch Linux ネットワーク構成のアップデート

017-aaaarch

新しい Arch イメージをプッシュし、2016.06.01 "リリース" に更新したことをお知らせします。このイメージは、推奨される udev マスクを使用して予測可能なネットワーク・インターフェース命名規則を使用不可にするため、デフォルトのイーサネット名は eth0 に戻されます。

現在、Arch を実行している Linode の予測可能なインターフェイスの名前付けに依存している場合は、最新のイメージから展開する前に、設定スクリプトを更新してください。この構成または静的ネットワークの詳細については、 freedesktop.org のドキュメントを参照するか、静的IP 構成ガイド参照してください。また、ネットワーク ヘルパーIP アドレスを静的に構成することもできます。

コメント (4)

  1. Author Photo

    If we want to revert the change so that we continue to use predictable interface naming, is there a wiki for that?

  2. Author Photo

    So, I believe this change is the result of a ticket I’ve opened recently (#6284283). I would have expected you to fix Network Helper and not take the easy way out by disabling a systemd feature. Oh well…

    • Author Photo

      This is not the result of yours or any specific ticket. This systemd “feature” only adds benefit on hardware platforms where network devices change, which is not the case on most cloud services, including Linode. While we could update Network Helper to match the PNIN name, it then wouldn’t work in full virtualization mode, which uses different network devices. It also wouldn’t be future-proof, if we change the virtual network driver in the future.

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には*印がついています。