メインコンテンツにスキップ

イベント
Learnk8s Lab: CI/CD for Kubernetes with Jenkins X


linode-events-LearnK8s-Lab-Mauricio-Salatino-2020-1536x1017

Kubernetesのトレーニング会社であるLearnk8sにオンデマンドで参加して、2部構成のラボシリーズの最終回に参加してみませんか?このセッション「 CI/CD for Kubernetes with Jenkins X」では、参加者は次のことを学びます。

  • Jenkins Xのアーキテクチャ
  • Jenkins Xを使い始めるには
  • 既存のプロジェクトにおいてCI/CDを有効にする方法
  • KubernetesにおけるCI/CDパイプライン周りの慣習とベストプラクティス
  • ステージングやプロダクションなどの環境を管理するためのGitOps

スピーカー・バイオ マウリシオ・"サラボイ"・サラティーノ。マウリシオは、Camunda(http://www.camunda.com )のプリンシパルソフトウェアエンジニアであり、LearnK8s(https://learnk8s.io/)のインストラクターです。過去4年間、Kubernetesに携わり、チームのトレーニングやクラウドネイティブアプリケーションの開発を行ってきました。これまでに、Zeebe、Jhipster、Spring Cloud、Jenkins Xなどのオープンソースプロジェクトに参加してきました。それ以前は、Red Hat/JBossのビジネスオートメーションエンジニアリング部門に所属していました。現在は、CD Foundation(http://cd.foundation)、Jenkins X プロジェクト(bootstrap steering committee のメンバー)、CNCF Serverless Working Group で Workflow イニシアチブの推進に携わっています。 

これをシェア