メインコンテンツにスキップ

迅速かつシンプルなKubernetesクラスター のデプロイ

KUBERNETES

フルマネージドのコンテナオーケストレーションエンジンを使用して、Kubernetesクラスタをデプロイしましょう。

透明な六角形の中にKubernetesのロゴが入っています。

Linode Kubernetes エンジン(LKE)

LKEは、コンテナ化されたアプリケーションやワークロードをデプロイし管理するためのフルマネージドK8sコンテナオーケストレーションエンジンです。LKEは、使いやすさとシンプルな価格設定と、インフラ の効率性を兼ね備えています。インフラ とワークロードを数日ではなく数分で稼働させることができるようになりました。


コンピュータのCPUを表現した図像。

リソースから最大限の効率を得る

リソースを自動的に最大限に活用します。クラスタ全体にコンテナをシームレスに分散し、リソースを最も効率的に利用できるようにします。

多方向から矢印が指し示すクラウドロゴ。

需要に応じてクラスターを自動的に拡張

水平方向のクラスタのオートスケーリングにより、設定された制限に基づいてリソースをリアルタイムに作成、破棄します。 ノードプールを効率的に管理し、可用性の高い安定したアプリケーションを実現します。

雲の前にあるLinodeのロゴ。

管理費無料

コンピューティングインスタンス、ノードバランサーおよびブロックストレージボリュームに対してのみ料金をお支払いいただきます。 他のクラウドプロバイダーとは異なり、マネージドKubernetesコントロールプレーンに1ペニーであれ支払う必要はありません。

Amazon EKS&GKEは、クラスターごとの管理料金として1時間あたり$.10または1か月あたり$73を請求しています。 

Kubernetesのクラスターキューブ。

開発者にやさしく、ポータブル

LinodeAPI から直接LKEクラスターを作成・管理できるため、Kubernetesの管理を自身のインフラ に統合することができます。LKEはKubernetes上に構築されているため、既存のアプリケーションやワークロードを迅速に移行することができます。

黒い輪郭の長方形の中にBeefとHelmのロゴが入っています。

HELM Charts、Operator、Controllerを使って人気のアプリをデプロイ

Kubernetesツーリングの強力なオープンソースエコシステムを活用します。Linode Kubernetes Engine( LKE ) は、Rancher、Helm、オペレーターなど、人気のある K8s関連ツールとの統合をサポートしています。

動画のサムネイル

仕様

技術仕様

  • 対応プラン専用CPU共有CPUハイメモリ
  • 1ノードプールあたりのノード数:1~100ノード
  • 推奨するノードプールの最小値です。3ノード
  • ノードあたりのメモリ4GB〜512GB
  • ノードあたりのSSDストレージ50GB - 7200GB
  • 1ノードあたりの転送量4〜20TB
  • ネットワークイン:毎秒40GB
  • ネットワークアウト:2〜12Gbps
  • IPv4とIPv6専用アドレス
  • クラスタノードのフルルートアクセス
  • クラスタノードのLishを介したダイレクトコンソールアクセス
  • Cloud ManagerまたはLinode経由でプロビジョニング CLI
  • Linode APIによるプログラム管理
  • Terraform プロバイダー経由のデプロイ
  • Multi-queue NICのサポート
  • 提供地域:全地域

無料バンドルサービス

補完的な有料サービス

推奨ワークロード

  • 高速に拡張できるプロダクションアプリケーション
  • 複数のコンテナによるワークロード
  • CI/CD開発
  • マイクロサービス・アプリケーション
動画のサムネイル

Linode Kubernetesエンジンの紹介

Linode Kubernetesエンジンのプラン

LKEの価格には、お客様が消費するリソース(Compute Instances、NodeBalancers、Volumes)のみが含まれています。Kubernetes Control Planeは無料で提供され、1クラスタあたり月額60ドルでハイアベイラビリティにアップグレードすることができます。

LKEの追加機能

etcd バックアップ

クラスターのメタデータのスナップショットは継続的にバックアップされるため、障害が発生した場合にクラスターが自動的に復元されます。

セルフサービスでのバージョンアップ

Linode Cloud ManagerでクラスターのKubernetesのバージョンを自分のスケジュールに合わせて簡単にアップグレードして、最新のKubernetesの機能とセキュリティを手に入れる。

自動リカバリ

すべてのマスターコンポーネントとノード コンポーネントがモニターされ、障害が発生した場合は自動的に回復します。

永続的ストレージ

ブロックストレージボリュームは自動的にプロビジョニングされ、ワークロードとしてアタッチされ、Linode Kubernetes Engine( LKE ) クラスターにデプロイされます。

DNS管理

DNSレコードは、作成時に新しいリソースに割り当てられ、それらのリソースが削除されると削除されます。

負荷分散

LKEは、パブリックインターネットからクラスタの分散ワークロードにトラフィックをルーティングするために、NodeBalancersを自動的にプロビジョニングして設定することができます。

集約レイヤーとメトリックパイプライン

APIサーバーはLKEワークロードに接続して、クラスタのリアルタイムのメトリクスを見ることができます。
CNCF Kubernetes Certified

CNCF 認定

Linode は、CNCF Certified Kubernetes Conformance Programの一員として認定されています。これは、LKEのワークロードが移植性の基準に準拠していることを意味し、常に最新のアップデートと機能にアクセスできることを意味します。Linode は Kubernetes を青果物とする Cloud Native Computing Foundation (CNCF) のシルバースポンサーとなっています。

"正直、Linode Kubernetes Engineは今まで使った中で最もシンプルなホスト型Kubernetesかもしれないと思っています。"

Linux&Kubernetes開発者、トレーナー Nigel Poulton

関連コンテンツ

はじめに

生産中のK8s

アドバンスト
コンフィギュレーション

コンテンツリソース

始める準備はできていますか?

今すぐ無料アカウントを作成するか、セールス・コンサルタントにお問い合わせください。

価格や比較をお探しですか?インタラクティブな価格設定ツールをご覧ください。