メインコンテンツにスキップ
ブログリノードマドリードにおけるアカマイの拡張Cloud Computing

マドリードにおけるアカマイの拡張Cloud Computing

新コア・コンピュート・リージョン - マドリード発表のヒーロー・イメージ。

アカマイのスケーラブルなクラウドコンピューティングソリューションは、マドリードに新たな拠点を置くことで、ヨーロッパにおけるプレゼンスを拡大しました。マドリードはアカマイの 25 番目、ヨーロッパでは 5 番目のコアコンピュートリージョンであり、最も分散されたクラウド上でお客様のワークロードを構築、導入、拡張することができます。

欧州では、ハイパースケール・プロバイダーに代わる強力でコスト効率に優れたリソースを求めるクラウド利用者が引き続き大きく伸びている。開発者や企業がローカルリージョンのリソースを容易に選択できるようにすることで、ワークロードはリージョン内でのデータ転送やデータ主権に関するコンプライアンスの要件をよりよく満たすことができます。 当社は今後も、サイトの追加、新製品の提供、容量のアップグレードなど、欧州のお客様とともに規模を拡大できる機会を模索していきます。

はじめに

マドリード(es-mad)は、新しいVPCサービスを含むサービスで本番ワークロードに利用可能です、 Object Storageそして Premium CPU.API
アカマイのクラウドコンピューティングサービスにご興味のある新規のお客様は、アカウントを作成するか、大規模なワークロードに関するクラウドソリューションの専門家にお問い合わせください。

リソース

場所によるアプリケーション・パフォーマンスの最適化については、こちらのドキュメントをご覧ください:

次の記事Cloud Computing エッジまで伸びる

先月発表された最新の戦略的イニシアチブは、コアクラウドコンピューティングのパワーをエッジにもたらすもので、2024年末までに新しいGeneralized Edge Compute(Gecko)サイトを立ち上げる計画だ。

Gecko は、この機能をアカマイのエッジ・ポイント・オブ・プレゼンス(PoP)にまで拡張するよう設計されており、これまで到達が困難であった何百ものロケーションにフルスタックのコンピューティングパワーをもたらし、開発者や組織がアプリケーションをユーザーに近づけてパフォーマンスと信頼性を向上できるよう支援します。詳しくは、アカマイの CEO、Tom Leighton のクラウドコンピューティング戦略に関するブログ記事をご覧ください。
Gecko の最新情報をお届けします。新しいクラウドコンピューティング・リソースやロケーションが展開される予定です。


コメント (2)

  1. Author Photo

    Why do they keep being cancelled,I’m in Kenya and when I try to create a linode account ,it’s almost there ,each and everytime,sign up cancellation

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には*印がついています。