メインコンテンツにスキップ

機能豊富なセルフホスト型のチャット&コラボレーションプラットフォームです。

SlackやMicrosoft Teamsなどのプログラムに代わる、データのプライバシーを第一に考えた製品です。150以上の国で1200万人以上のユーザーに信頼されているプラットフォームで、同僚、顧客、友人とリアルタイムに会話をすることができます。Rocket.Chatの機能には、オーディオ/ビデオ通話、アプリ統合のマーケットプレイス、カスタマイズ可能なルールとロールベースのパーミッションなどがあり、リモートでのコラボレーションを支援します。

Rocket.Chat Marketplaceアプリのデプロイメント

Linode Marketplaceでは、Linode Cloud Managerを使用して、Linodeにソフトウェアを簡単に導入することができます。

  1. Cloud Managerにログインし、左のナビゲーションメニューから「Marketplace」リンクを選択します。これにより、Linode ComputeCreateページが表示され、Marketplaceタブがあらかじめ選択されています。
  2. Select App」セクションで、デプロイしたいアプリを選択します。
  3. 選択したアプリに必要なオプションと、必要な詳細オプション(オプション)をすべて入力します。詳細は「設定オプション」の項を参照してください。
  4. Getting Started > Create a Linode」に記載されている通り、残りの項目を入力します。
  5. Create Linode」ボタンをクリックします。Linodeがプロビジョニングされ、完全に電源が入ったら、ソフトウェアのインストールが完了するのを待ちます。この前にLinodeの電源を切ったり、再起動したりすると、ソフトウェアのインストールに失敗する可能性があります。インストールが完了したかどうかを確認するには、LinodeのLishコンソールを開き、システムのログインプロンプトが表示されるのを待ちます。
  6. 展開後のスタートアップ」に記載されている手順に従ってください。

ソフトウェアのインストールは、Linodeのプロビジョニング終了後、2~5分以内に完了します。

設定オプション

このMarketplace Appで利用できる追加オプションは以下の通りです。

フィールド説明
サーバーの管理者メールアドレスこのメールは、SSL証明書を生成するために必要です。必須
あなたのLinodeAPI トークンあなたのLinode API Token はDNSレコードの作成に必要です。これが一緒に提供されていると subdomain と domain フィールドを使用すると、インストールはLinodeAPI を介してDNSレコードの作成を試みます。トークンを持っていないが、インストールでDNSレコードを作成したい場合は、次のことを行う必要があります。 クリエイトワン 続ける前に
サブドメインセットアップ中にインストーラーにDNSレコードを作成させたいサブドメインです。推奨される設定は www.を提供する場合のみ、サブドメインを提供する必要があります。 domain と API Token
ドメインRocket.Chat インスタンスをホストするためのドメイン名。インストーラは、セットアップ中にこのドメインの DNS レコードを作成します。 API Token.
のために作成される限定的なsudoユーザーです。Linodeこれは、Linode のために作成される限定的なユーザーアカウントです。このアカウントは、sudo ユーザー権限を持っています。
限定されたsudoユーザーのパスワード限定された sudo ユーザーのパスワードを設定します。パスワードは、強力なパスワードのための複雑性強度検証要件を満たす必要があります。このパスワードは、root と同様に、サーバー上であらゆるアクションを実行するために使用されるので、長く、複雑で、ユニークなものにしてください。
にアクセスする際に使用されるSSH公開鍵です。Linodeパスワードではなく公開鍵(推奨)でSSHにアクセスしたい場合は、ここに公開鍵を入力します。
SSHでルートアクセスを無効にする?セレクト Yes を選択すると、root アカウントが SSH でサーバーにログインするのをブロックします。を選択します。 No をクリックすると、rootアカウントがSSHでログインできるようになります。

一般的なオプション

Create a Linodeフォームの残りのオプションを記入する際のアドバイスについては、Getting Started > Create a Linodeをご覧ください。ただし、このMarketplace App に基づいて、いくつかのオプションが制限されたり、推奨されたりする場合があります。

  • 対応ディストリビューション: Ubuntu 20.04 LTS
  • 推奨プラン:すべてのプランタイプ、サイズに対応しています。

展開後のスタートアップ

Rocket.Chatアプリへのアクセス

  1. ブラウザを開き、デプロイメントの最初に作成したドメインに移動します。また、Compute InstanceのrDNSを使用することもできますが、その場合は次のようになります。 li*.members.linode.com.をご覧ください。 リモートアクセス rDNSの値の表示と設定については、『Guide』を参照してください。
  2. その後、Rocket.Chatでは複数のフォームへの入力を促し、インスタンスを作成して使用できるようにします。
1
1
1
1

Rocket.Chatのインスタンスにアクセスした後、Rocket.Chatのドキュメントをチェックして、彼らのプラットフォームを使い始めてください。

Rocket.ChatアプリはLinodeによって構築されました。アプリの展開に関するサポートについては、サイドバーに記載されている情報を介してLinodeサポートに連絡してください。ツールやソフトウェア自体に関するサポートについては、Rocket.Chat Community Forums に参加してください。