メインコンテンツにスキップ
ブログパートナーネットワークオルタナティブ・クラウドにおけるマネージド・セキュリティ・サービス

オルタナティブ・クラウドにおけるマネージド・セキュリティ・サービス

オルタナティブ・クラウドにおけるマネージド・セキュリティ・サービス

この ブログ記事 このシリーズでは、最新の電子書籍「 The MSP's Guide to Modern Cloud」(インフラ )の 各章をプレビューして います。3回目、そして最後の投稿では、「MSP's Guide to Modern Cloud」の各章を紹介します。 リチャード・タッブ は、この電子書籍の「セキュリティと代替クラウド」の章について、彼の見解を述べています。

元マネージド・サービス・プロバイダー(MSP)の経営者で、現在は他のMSPビジネスの収益向上を支援しているリチャードは、本書の著者でもあります。 "The IT Business Owner's Survival Guide"(ITビジネスオーナーのサバイバルガイド)。電子書籍の序文と各章の末尾に解説を寄せています。

私は、多くのマネージド・サービス・プロバイダーが、セキュリティを第一に考えて事業を展開していることを耳にします。

のアプローチになります。その理由は簡単です。世界的な大流行の中、より多くの世界がクラウドベースコンピューティングに移行し、必然的にサイバー犯罪者にとってより広い攻撃ベクトルを持つようになりました。

悪党が狙うビジネスといえば、何もかもが対象外です。顧客の規模の大小、非営利団体や地域の有無にかかわらず、サイバー犯罪者は金銭を得られる相手なら誰でも無差別にターゲットにするのです。

このようにサイバーセキュリティが注目される中で興味深いのは、MSP事業者が顧客の安全を守るために最善を尽くすことは間違いありませんが、リスクを排除することはできず、軽減することしかできないという点です。このため、サイバーセキュリティを予防技術としてだけでなく、バックアップや災害復旧技術としても定義するMSPが増えてきています。例えば、クライアントの1社がランサムウェアの攻撃を受けた場合、中小企業は簡単に終わりを迎えてしまうかもしれません。しかし、データをランサムウェアのない初期の時点にロールバックすることができれば、クライアントがビジネスを継続するか廃業するかの違いになる可能性があるのです。

その他のクラウド利用例としては、インフラ を新しい仮想化環境上に素早く移行することなどが考えられる。実際、2020年3月の「大在宅勤務ラッシュ」では、多くのMSPが顧客から "クラウドに移行してほしい "という依頼が殺到していたそうです。

多くのMSPがバックアップとディザスタリカバリ(BDR)ソリューションを求める理由は簡単です。BDRは、現代のサイバーセキュリティにおいて必要不可欠なものであると言えるでしょう。

代替クラウドプロバイダーが提供する柔軟なセキュリティツールやサポートサービスが、MSPの顧客のセキュリティを保証し、MSPとその顧客に適用されるコンプライアンスルールを満たしながら顧客維持の向上に貢献することについて詳しく説明します。 The MSP's Guide to Modern Cloudインフラ の無料コピーはこちらからダウンロードできます。


コメント 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。