メインコンテンツにスキップ

20年にわたり、サイトやサーバーの管理を簡素化してきたリーディング・ホスティング・オートメーション・プラットフォーム

様々な標準管理ツールやタスクをcPanelに集約することで、サーバー管理を簡素化します。cPanelは、開発者とシスアドがひとつのツールでサーバー環境を管理できるようにするウェブ・アプリケーションです。これには、バックアップ、ロギング、サードパーティの拡張機能の統合などが含まれます。cPanelでは、ネイティブ・インターフェイスを使用するか、cPanelAPI を使用して管理を合理化するオプションを提供しています。

LinodeのcPanel Marketplace Appを使い始めるためのガイドに加えて、cPanelの幅広いドキュメントライブラリを使用してホスト管理を合理化してください。

注意:cPanelは 、最初の15日間の無料試用期間を超えてソフトウェアを使用するには、有効なライセンスが必要です。ライセンスを購入するには、cPanelのウェブサイトを訪問し、あなたのニーズに合ったプランを選択してください。ライセンスはLinodeから直接入手することはできません。

マーケットプレイスアプリのデプロイメント

Linode Marketplaceでは、Cloud Managerを使用してCompute Instanceに簡単にソフトウェアをデプロイすることができます。完全な手順については、Get Started with Marketplace Appsを参照してください。

  1. Cloud Managerにログインし、左のナビゲーションメニューから「Marketplace」リンクを選択します。これにより、LinodeCreateページが表示され、Marketplaceタブがあらかじめ選択されています。
  2. Select App」セクションで、デプロイしたいアプリを選択します。
  3. コンピュートインスタンスの作成」ガイドの手順とアドバイスに従って、フォームに記入します。選択したMarketplace Appによっては、追加の設定オプションが利用できる場合があります。この Marketplace App で利用できる互換性のあるディストリビューション、推奨プラン、および追加の構成オプションについては、以下の「構成オプション」セクションを参照してください。
  4. Linodeの作成]ボタンをクリックします。Compute Instanceがプロビジョニングされ、完全に電源が入ったら、ソフトウェアのインストールが完了するのを待ちます。この前にインスタンスの電源を切ったり再起動したりすると、ソフトウェアのインストールに失敗する可能性があります。

アプリが完全にインストールされたことを確認するには、「Get Started with Marketplace Apps > Verify Installation(マーケットプレイスアプリを始める)」を参照してください。インストールが完了したら、「Getting Started After Deployment」セクションの指示に従って、アプリケーションにアクセスし、使用を開始します。

備考: cPanel/WHMは 、Compute Instanceのプロビジョニング終了後、15分以内に完全にインストールされる必要があります。

設定オプション

  • 対応ディストリビューション: CentOS 7,Ubuntu 20.04 LTS
  • 推奨する最小プラン:2GB Dedicated Compute Instance以上、ホスティングを予定しているサイトの数およびサイズに依存します。

展開後のスタートアップ

WHM(ウェブホストマネージャー)にアクセスする

WHMは、サーバーとすべてのウェブサイト(「アカウント」とも呼ばれます)を管理するための中核となるインターフェースです。

  1. 500Webブラウザーを開き、次のページに移動します。 http://[ip-address]:2087/である。 [ip-address]です。 は、Compute InstanceのIPv4アドレスやrDNSドメイン(例えば 192-0-2-1.ip.linodeusercontent.com).をご覧ください。 IPアドレスの管理 ガイドを参照してください。
  2. WHMのログインページが表示されるはずです。入力 root をユーザ名として使用し、このインスタンスのデプロイ時に作成したルートパスワードを使用します。次に ログイン のボタンを押します。

    1
  3. その後、cPanelとWHMの規約が表示されます。規約を読み、同意して続行する場合はAgree to Allをクリックしてください。
  4. 次に、通知やアラートの受け取りを希望するメールアドレスを入力します。
  5. 同じページで、このサーバーのネームサーバーも入力する必要があります。ネームサーバーとは、ドメイン名をIPアドレスにマッピングするDNSシステムの基礎となるサーバーのことです。cPanelでDNSを管理すると、手動でDNSレコードを更新する必要なく、サイトの追加、サブドメインの設定、電子メールのセットアップなどを迅速に行うことができます。このステップでは、登録されたドメイン名を持っていることを確認します。
    1. ドメイン名のネームサーバー内に、2つの Aレコード.ホスト名/名前のフィールドは、ns1(最初のレコード用)およびns2(2番目のレコード用)である必要があります。IPアドレスは、新しいCompute InstanceのIPv4アドレスにします。もし、登録したドメインのネームサーバーがない場合は、LinodeのDNS Managerの使用を検討してください。
    2. cPanelのフォームで、ネームサーバーの欄に以下の値を入力します。置き換え example.com を使用するドメイン名と置き換えてください。
      -ns1.example.com
      -ns2.example.com


      1

      もし、手動でDNSレコードを管理したい場合は、LinodeのDNS Managerや他のサードパーティーのサービスを使用することができます。その際、DNSプロバイダーのプライマリ2つのネームサーバーを入力します。Linodeのネームサーバーは ns1.linode.com と ns2.linode.com.
  6. 次へ」をクリックして次に進みます。
  7. cPanelのライセンス画面が表示されます。購入ボタンをクリックすると、cPanelのライセンス管理システムへ移動します。ここから、トライアルライセンスの取得(対象者のみ)またはライセンスの購入が可能です。

    注意 : IPアドレスがまだcPanelに登録されていない場合、cPanel Marketplace Appのインストールは、自動的に15日間の無料トライアルライセンスを受け取ります。このトライアル期間が終了する前に、新しい cPanel & WHM ライセンスを購入する必要があります。試用期間が終了すると、ライセンスは失効します。
  8. ライセンス取得後、自動的にログインし、WHMに移動します。

さらなる進化へ

WHMにアクセスできるようになったので、サーバーの管理、ソフトウェアのインストール、新しいcPanelアカウントの作成ができるようになりました。ここでは、新しいcPanel/WHMインスタンスの使用を開始するのに役立ついくつかのガイドを紹介します。

  • WHM インターフェース。WHM インターフェイスの操作方法について説明します。
  • 新しいアカウントを作成する。cPanelのアカウントは、ウェブサイトごと、またはクライアントごとに作成することができます。一度作成すれば、cPanelに直接ログインすることができ、ドメインの各ウェブアプリケーション、データベース、メールアカウントを管理するための合理的なインターフェイスとなります。
  • cPanelのインターフェイス(Jupiterテーマ)。cPanel インターフェイスの主な機能を、デフォルトの Jupiter テーマを有効にして表示します。

cPanel Marketplaceアプリは、cPanelによってLinodeのために構築されました。cPanelアプリのデプロイメントに関するサポートは、サイドバーに記載されている情報を介してLinodeサポートにお問い合わせください。ツールまたはソフトウェア自体に関するサポートは、cPanelサポートにアクセスしてください。