メインコンテンツにスキップ

Kubernetesの開発者・運用者向けのシンプルなローコードプラットフォームです。

gopaddleは、Kubernetesの開発者とオペレーターのためのローコードなInternal Developer Plaform (IDP)です。コンテナへのコードの足場、YAMLファイルの自動生成、Dockerイメージの構築、Kubernetesへのアプリケーションのデプロイ、アプリケーションのライフサイクルを一元管理できるセルフサービス型のポータルを提供します。

マーケットプレイスアプリのデプロイメント

Linode Marketplaceでは、Cloud Managerを使用してCompute Instanceに簡単にソフトウェアをデプロイすることができます。完全な手順については、Get Started with Marketplace Appsを参照してください。

  1. Cloud Managerにログインし、左のナビゲーションメニューから「Marketplace」リンクを選択します。これにより、LinodeCreateページが表示され、Marketplaceタブがあらかじめ選択されています。
  2. Select App」セクションで、デプロイしたいアプリを選択します。
  3. コンピュートインスタンスの作成」ガイドの手順とアドバイスに従って、フォームに記入します。選択したMarketplace Appによっては、追加の設定オプションが利用できる場合があります。この Marketplace App で利用できる互換性のあるディストリビューション、推奨プラン、および追加の構成オプションについては、以下の「構成オプション」セクションを参照してください。
  4. Linodeの作成]ボタンをクリックします。Compute Instanceがプロビジョニングされ、完全に電源が入ったら、ソフトウェアのインストールが完了するのを待ちます。この前にインスタンスの電源を切ったり再起動したりすると、ソフトウェアのインストールに失敗する可能性があります。
  5. アプリが完全にインストールされたことを確認するには、「Get Started with Marketplace Apps > Verify Installation(マーケットプレイスアプリを始める)」を参照してください。インストールが完了したら、「Getting Started After Deployment」セクションの指示に従って、アプリケーションにアクセスし、使用を開始します。

導入時間の目安:Compute Instanceのプロビジョニング終了後、15~20分以内にgopaddleが完全にインストールされるはずです。

  • 対応ディストリビューション Ubuntu 22.04 LTS
  • 推奨する最小プラン gopaddleでは、8GB Shared CPU Linodeの最小プランサイズを推奨しています。

展開後のスタートアップ

  1. インスタンス作成時に入力したrootユーザーとパスワードを使用して、LISHまたはSSHで新しいCompute Instanceにログインします。
  2. インストールログを確認する。

    tail -f /var/log/stackscript.log
  3. インストールが完了すると、そのログファイルに次のようなメッセージが表示されます。この行には、あなたのgopaddleダッシュボードへのURLが含まれています。
gopaddle-lite installation is complete !
You can now access the gopaddle dashboard @ http://192-0-2-110.ip.linodeusercontent.com:30003/

4.ウェブブラウザを開き、最後のステップで提供されたURLに移動します。このURLは http://[ip-address]:30003/である。 [ip-address]です。 は、Compute Instance の IPv4 アドレスや rDNS ドメインで置き換えられます(例えば 192-0-2-1.ip.linodeusercontent.com).をご覧ください。 IPアドレスの管理 ガイドを参照してください。

5.インストールが完了すると、このURLにgopaddle評価版契約ページが表示されます。評価契約書を確認し、Lite版を申し込む。

gopaddleの使用

コンテナ化、デプロイ

契約完了後、メールIDと初期パスワードで、gopaddleコンソールにログインできます。

メインダッシュボードでは、Containerize and DeployQuickstartウィザードが、GitHubのパーソナルアクセストークンを使ってGitHubからソースコードプロジェクトをオンボードし、ビルドして生成したコンテナイメージをDocker Registryにプッシュするのを支援します。ビルドが完了すると、gopaddle は必要な YAML ファイルを生成し、ローカルの microk8s クラスタに docker イメージをデプロイします。

前提条件

Dockerのアクセストークンと読み取り・書き込み権限

プライベートリポジトリをコンテナ化するためのGitHubパーソン・アクセストークン

Containerize and Deploy Quickstart ウィザードの最後のステップで、Disable TLS verification(TLS検証を無効にする)オプションを有効にします。

プロセス中に生成されたすべての成果物は、後の段階で編集して再展開することができます。

アプリケーションテンプレート - Marketplace

Templatesの下にあるMarketplace Applicationsでは、さまざまなビルド済みのKubernetesテンプレートがホストされています。開発者はこれらのテンプレートをサブスクライブして、ローカルの microk8s クラスターにデプロイすることができます。

gopaddleの構成については、documentation.jaを参照してください。

gopaddle Marketplaceアプリは、gopaddleによってLinodeのために構築されました。アプリのデプロイに関するサポートは、以下までご連絡ください。 Linodeサポート.ツールやソフトウェア自体に関するサポートは、サイドバーの情報を使用するか、彼らのコミュニティフォーラムを参照してください。