メインコンテンツにスキップ
ブログコンテナ (Kubernetes、Docker)Kubernetes Simplified。コンテナの管理

簡略化されたKubernetes:コンテナの管理

Kubernetes Simplified Blog Post

コンテナほどクラウドの世界に大きな影響を与えた技術革新はありません。システム管理者はこれまで以上にコンテナ管理者としての役割を果たすようになりました。コンテナが人気を博している理由は、コンテナ環境が便利で汎用性に優れているからです。

コンテナシステムは、ソフトウェアを周囲の環境から隔離します。通常は単一のタスクを対象としたアプリケーションとコンポーネントの集合体がコンテナイメージにバンドルされ、Dockerのようなコンテナエンジンを使って実行されます。適切に設計されたコンテナ環境では、各アプリケーションやサービスは、効率的で安定しており、侵入されにくく、独立した安全な実行空間で実行されます。コンテナはシステム全体のほんの一部に過ぎないため、コンテナに侵入した侵入者は、システムの残りの部分を危険にさらすためにスペースから抜け出すことがより困難になるかもしれません。

しかし、コンテナ環境の多くの利点は1つの重大な課題を伴っています。それは、すべてのコンテナをどのように管理するかということです。複数のコンテナは通常、1つのホスト上に存在します。さらに複雑なことに、コンテナはピーク時には一時的に立ち上がることもあります。全体像を把握したい場合は、クラウドやデータセンターでの継続的なコンテナの展開とオーケストレーションを想像してみてください。

コンテナベースデプロイメントの複雑さを考えると、多くのシステム管理者が管理者の介入をあまり必要とせずにコンテナを維持するために、Kubernetesのようなオーケストレーションシステムを使用することを好む理由は容易に理解できます。Kubernetesはコンテナの自動化、デプロイ、スケーリング、管理を容易にし、詳細を抽象化してユーザーに環境の単一の全体的なビューを提供します。

各コンテナを個別に監視する代わりに、コンテナのグループをPodと呼ばれる論理ユニットに編成し、PodをServiceに 編成することができます。この論理構造は、先に述べたKubernetesの利点と相まって、小規模なチームでもKubernetesクラスタを管理しやすくなり、最終的に運用コストを削減できることを意味する。 

Googleが先駆者となり、後にCloud Native Computing Foundationに寄付されたKubernetesは小規模での運用が可能で、数千個のコンテナを管理するためにスケールアップすることも可能です。Kubernetesはコンテナ環境でのデプロイと管理を支援するだけでなく、広範な自動化機能を提供し、追加のセキュリティ、ネットワーク、ストレージサービスを提供しています。

また、Kubernetesクラスタは自己監視機能を備えており、ノードがダウンした場合、Kubernetesが問題を発見して自動的にノードを再起動するか、警告を発します。付加的な利点として、Kubernetesはより効率的なハードウェア利用を促進することで、全体的なハードウェアコストを削減することができます。Dockerコンテナ環境でのKubernetesの実装については、 "How to Set Up a Private Docker Registry with Linode Kubernetes Engine and Object Storage"を参照してください。

コンテナが多すぎて、コンテナ環境を管理するための直感的なツールが必要な場合、Kubernetesは賢明なソリューションです。コンテナの世界に慣れておらず、基本的なコンテナ機能だけでなく、オーケストレーションと自動化を含む完全なソリューションを構築することで、最初から成功させたいと考えているのであれば、Kubernetesを検討してみてください。

コメント 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には*印がついています。