メインコンテンツにスキップ
ブログコンテナ (Kubernetes、Docker)Kubernetesのセルフサービスによるバージョンアップを開始

セルフサービスでの Kubernetes のバージョンアップが利用可能に

LKE-Autoscale-Feature

Linode Kubernetes Engineは、K8sクラスタの作成と保守をユーザーエクスペリエンスと価格の両面で、より効率的かつアクセスしやすくするマネージド Kubernetes 製品です。このミッションをさらに推進するために、現在私たちはユーザーにより多くのコントロールを提供しており、新機能であるセルフサービスによる Kubernetes バージョンアップグレードを発表することに興奮しています。

Cloud Manager で数回クリックするだけで、クラスタのノードプールがリサイクルされ、最新バージョンに更新されます。これによりクラスタは常に LKE によってサポートされ、最新の Kubernetes セキュリティパッチと機能を得ることが保証されます。

Kubernetesは、人気もアプリケーションの範囲も急速に拡大している汎用性の高いコンテナ化ツールであり、リリースは頻繁に行われています。Cloud Managerに通知機能を追加して、アップグレードが利用可能になったときにKubernetesユーザーに通知することで、最新バージョンが利用可能になったらすぐに最新の状態を維持するプロセスを簡素化することができます。これによりクラスタを最新かつ安全に保つことがはるかに容易になり、各人にとって最適なタイミングでアップグレードする自由度が高まります。

クラウドマネージャーで Kubernetes のバージョンをアップグレードする方法

メインナビゲーションで Kubernetes を選択します。

クラスタを1つ選択して、クラスタの詳細ページに移動します。クラスタ名とバージョンが表示されます。バージョンアップグレードが可能であることを示すバナーが画面上部に表示されます。"バージョンアップグレード" を選択します。

バージョン欄のバージョン番号の横にある "アップグレード" を選択することで、メインのKubernetesページから直接アップグレード処理を開始することもできます。

変更を完全に反映させるために、クラスタ内のすべてのノードをリサイクルするように促すモーダルポップアップが表示されます。アップグレードを継続したい場合は、"すべてのノードをリサイクルする" を選択してください。

注意: ノードプールをリサイクルするには、ノードプール内の各Linodesを削除し、新しいLinodesに置き換える必要があります。削除されたLinodes上のローカルストレージ("hostPath"や"emptyDir"ボリューム、または"ローカル"PersistentVolumesなど)はすべて消去されます。

ノードプールのリサイクルとKubernetesのバージョンアップについての詳細

Linode Kubernetes Engineを使用したクラスタのデプロイと管理についてのガイドをチェックしてみてください。ノードプールのアップグレードとリサイクルは、Linode API を通じて行うこともできます。

LKE Changelogで、他のアップデートやリリースをフォローしてください。
LinodeのKubernetesエンジンは、認定されたKubernetesを実行して、クラスタがポータブルで、必要なAPIがサポートされているか確認します。

Get Started withLinode Kubernetes Engine
Kubernetes を初めてご利用になる方、または LKE と他のマネージド K8s サービスとの比較をご覧になりたい方は、当社のウェブセミナーや Kubernetes に関する他のリソースをご覧ください。Kubernetesに関するWebセミナーやその他のリソースをチェックするか、Linode Kubernetes Engineのドキュメント類をご覧ください。

コメント 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には*印がついています。