メインコンテンツにスキップ

Kubernetesクラスターの展開を迅速かつシンプルに

KUBERNETES

フルマネージドのコンテナオーケストレーションエンジンを使って、Kubernetesクラスターを展開します。

透明な六角形の中に Kubernetes のロゴ。

Linode Kubernetes Engine (LKE)

LKEは、コンテナ化されたアプリケーションやワークロードを展開・管理するためのフルマネージド型のK8sコンテナオーケストレーションエンジンです。LKEは、当社の使いやすさとシンプルな価格設定と、インフラ の効率性を兼ね備えています。インフラ とワークロードを数日ではなく数分で立ち上げることができるようになりました。


コンピューターの CPU を表現した図。

リソースから最大限の効率を得る

リソースを自動的に最大限に活用します。クラスタ全体にコンテナをシームレスに分散し、リソースを最も効率的に利用できるようにします。

多方向に矢印が表示されたクラウドのロゴ。

需要に応じてクラスタを自動的に拡張

水平方向のクラスタのオートスケーリングにより、設定された制限に基づいてリソースをリアルタイムに作成、破棄します。 ノードプールを効率的に管理し、可用性の高い安定したアプリケーションを実現します。

雲の前にある Linode のロゴ。

管理費無料

コンピューティングインスタンス、NodeBalancerおよびBlock Storageボリュームに対してのみ料金をお支払いいただきます。 他のクラウドプロバイダーとは異なり、マネージドKubernetesコントロールプレーンに1円も支払う必要はありません。

Amazon EKS&GKEは、クラスターごとの管理料金として1時間あたり$.10または1か月あたり$73を請求しています。 

Kubernetes クラスターのキューブ。

開発者にやさしく、ポータブル

API により、LKEクラスタを直接作成・管理できます。これにより、Kubernetesの管理を独自のインフラ に統合することができます。LKEはKubernetes上に構築されているため、既存のアプリケーションやワークロードを迅速に移行できます。

四角い黒い枠の中に牛と Helm のロゴ。

HELM Charts、Operator、Controllerを使って人気のアプリをデプロイ

Kubernetesツールの強力なオープンソースエコシステムを利用することができます。LKEは、Rancher、Helm、Operatorsなど、人気のあるK8s関連ツールとの統合をサポートしています。

埋め込まれたビデオを見るには、クッキーの設定で「機能的」クッキーを有効にする必要があります。

動画のサムネイル

仕様

技術仕様

  • 対応プラン:専用 CPU共有 CPUハイメモリー
  • 1 ノードプールあたりのノード数:1~100 ノード
  • クラスタあたりのノード数1-250
  • 推奨するノードプールの最小値:3 ノード
  • ノードあたりのメモリ4GB〜512GB
  • ノードあたりの SSD ストレージ:50~7200 GB
  • 1ノードあたりの転送量4〜20TB
  • ネットワークイン:毎秒40GB
  • ネットワークアウト:2〜12Gbps
  • IPv4とIPv6専用アドレス
  • クラスターノードのフル root アクセス
  • クラスターノードの Lish を介した直接のコンソールアクセス
  • クラウドマネージャーまたは CLI
  • プログラム管理 API
  • Terraform プロバイダー経由の展開
  • Multi-queue NICのサポート
  • 提供:全リージョン

無料バンドルサービス

補完的な有料サービス

推奨ワークロード

  • 高速に拡張できる本番アプリケーション
  • 複数のコンテナを使用したワークロード
  • CI/CD 開発
  • マイクロサービスアプリケーション

埋め込まれたビデオを見るには、クッキーの設定で「機能的」クッキーを有効にする必要があります。

動画のサムネイル

Linode Kubernetes Engine の概要

Linode Kubernetes Engine のプラン

LKE の価格には、お客様が利用するリソース(コンピューティングインスタンス、ノードバランサー、ボリューム)のみが含まれています。提供されるサービスには無料の Kubernetes コントロールプレーンが含まれており、クラスターあたり月額 60 ドルで高可用性コントロールプレーンにアップグレードできます。

LKEの追加機能

etcd バックアップ

クラスターのメタデータのスナップショットは継続的にバックアップされるため、障害が発生した場合にクラスターが自動的に復元されます。

セルフサービスでのバージョンアップ

クラスターのKubernetesのバージョンを、クラウド・マネージャーで自分のスケジュールに合わせて簡単にアップグレードすることで、Kubernetesの最新機能とセキュリティを手に入れることができます。

自動リカバリ

すべてのマスターコンポーネントとノード コンポーネントがモニターされ、障害が発生した場合は自動的に回復します。

永続的ストレージ

ブロックストレージボリュームは自動的にプロビジョニングされ、ワークロードとしてアタッチされ、Linode Kubernetes Engine( LKE ) クラスターにデプロイされます。

DNS管理

DNSレコードは、作成時に新しいリソースに割り当てられ、それらのリソースが削除されると削除されます。

負荷分散

LKE は、ノードバランサーを自動的にプロビジョニングおよび構成し、パブリックインターネットからクラスターの分散ワークロードへとトラフィックをルーティングできます。

集約レイヤーとメトリックパイプライン

APIサーバーはLKEワークロードに接続して、クラスタのリアルタイムのメトリクスを見ることができます。
CNCF Kubernetes Certified

CNCF 認定

当社は、CNCF Certified Kubernetes Conformance Programの一部として認定されています。これは、LKEワークロードが移植性基準に適合していることを意味し、常に最新のアップデートと機能にアクセスすることができます。

"正直なところ、Linode(現Akamai)のKubernetes Engineは、これまで使った中で最もシンプルなホステッドKubernetes かもしれないと思っています。"

Linux&Kubernetes開発者、トレーナー Nigel Poulton

関連コンテンツ

はじめに

本番環境における K8s

高度な
構成

コンテンツリソース

Ready to get started?

最新情報を受け取るには、今すぐ無料アカウントを作成するか、お問い合わせください。

価格と比較をお探しですか?インタラクティブな価格設定ツールをご覧ください。