メインコンテンツにスキップ

Chris Alfano

Craft of Code
1

クラウドを届くところに


クッキーの設定により、このページにCaptivateポッドキャストプレーヤーが表示されないようになっています。

Chris Alfano 氏は、オープンソースソフトウェアに情熱を注いでいます。 その情熱からくるコミットメントから、彼は、”小さな組織が自社のソフトウェアを企画して運営することはできない”という考えを否定します。 彼の持つオープンソースコミュニティへの献身をさらに目の当たりにしたいなら、Jarvus社を見るだけで十分です。同社は、彼が2010年に共同で設立した、ミッションに基づいたソフトウェアエンジニアリングとデザインを行う会社です。

"昨今情報技術には多くのイノベーションがありますが、それはベンチャーキャピタルの支援を受けたグローバルなマーケットプレーヤーによって推進されており、その規模に達していなければ、彼らがリリースするツールやプラクティスを使用することを余儀なくされています。"と CTO の Chris, Jarvus氏は言います。"これは、グローバルな規模のために設計されたツールを購入して、それをより小さな規模で適用しようとするときの致命的な罠です。"

1

Jarvus の顧客の多くは、地方自治体、非営利団体、学校などの小規模な組織ですが、Chris 氏と彼のチームは、業務効率の改善を必要とする企業顧客ともかなりの割合で仕事をしています。"可能な限り、すべてのお客様に独自のソフトウェアを設計して使うメリットを提供したいと考えています。多くの場合、ワークフローをサポートするために設計されたシステムを持つよりも、ソフトウェアに適応してシステムに合わせて仕事をしようとする人々を目にします。"

Chris 氏は、既製のソリューションを使用すること自体には問題がないと指摘します。しかし、Jarvus の共通思想は、オープンソースのコンポーネントの上にシステムを構築し、誰もがコンポーネントを追加したり削除したりしてソフトウェアを進化させることができるようにするための努力を続けていることです。 

"私たちの包括的なミッションは、小規模な組織だけでなく、企業や企業、コミュニティにもクラウドを普及させるための支援をすることです。" 彼は言います。"オープンソースのコンポーネントと、使用権、継続的に構築し変更し修正する権利があるソフトウェアをベースに構築することは、評価以上にはるかに重要だと思います。

Jarvusは、技術的なギャップを埋めることに焦点を当てており、様々な市民活動や教育活動への継続的な投資を行っています。これらのプロジェクトには、教育技術プラットフォームであるSlateや、グレーター・フィラデルフィア地域で起きている技術やイノベーションを紹介する1週間の祭典、人気の高いPhilly Tech Weekなどが含まれます。同社は、市内の北3番通りを「N3rd」(「Nerd」)通りと呼ぶ取り組みを主導し、現在はJarvusをはじめとする Linodeを含む地元のテック企業の本拠地となっています。また、プロのeスポーツ組織であるN3rd Street Gamersの立ち上げにも貢献しました。

Kubernetes でインフラを効率化

Chris 氏はCode for Phillyの団長を務めています。彼のプロジェクトの一つに「Civic Cloud」があります。これは、テック系のボランティアがすぐに始められるプロジェクトをパブリックコモンズに恒久的に定着させるための信頼できる道筋を提供するものです。

Civic Cloud の一部として、CHIME (COVID-19 Hospital Impact Model for Epidemics) アプリがあります。このアプリは、閉ざされた集団の中で伝染性疾患に感染した人の理論的な数を経時的に計算し、結果を予測します。フィラデルフィアにある世界的に有名な学術医療センターであるPenn Medicineのデータ科学者とともに作成されたこのアプリは、コンテナ化されたアプリケーションやワークロードをデプロイして管理するためのフルマネージドコンテナオーケストレーションエンジンであるLinode Kubernetes Engine (LKE)上で動作します。

Chris 氏 が Linode に惹かれたのは、フィラデルフィアのテックシーンにへの同じようなコミットメンと、開発者に力を与え、オープンクラウドでの世界の革新を支援することでクラウドコンピューティングを民主化するという、同じようなコミットメントに惹かれたからです。

"大手3社のクラウドプロバイダーは、大企業からお金を吸い上げるように設計されており、それが彼らの意思決定のすべてに浸透しています。"と彼は言います。"私はこれらすべてのプロバイダーを利用してきましたし今でも利用していますが、彼らのサービスの数の多さは、コモディティであるべきものをロックインさせ、他のプロバイダーへの移行を不可能ではないにしても、困難にするための手段となっています。"

Linode Kubernetes Engineは、他のKubernetes製品の複雑さがないため、Chris 氏にとって最大のメリットとなっています。"特定のユースケースでは、それは大きな利点です。" と彼は言います。"機能のニーズによっては Linode Kubernetes Engineが検討の対象外になってしまうこともありますが、私が運営している規模では、Kubernetes Engineは優れたソリューションです。また顧客に対応し、我々が望むものを追加する際に、Linode の場合そう時間はかからないと確信しています。"

また Kubernetesは、Jarvusが運営する規模における全体的な戦略にも適合しています。例えばChrisが顧客のためにKubernetesクラスタを Linode に設定した場合、価格には彼が消費するリソースのみが含まれています。クラスタのマスターサービスは無料です。"クラスタのサイズを大きくするまではかかるコストが確信できます。"と彼は説明しています。"GCP (Google Cloud Platform) で Kubernetes クラスタを作成し、Ingress ルールをいくつか作成して、それをバキュームアップして高レベルのサービスをプロビジョニングすると、突然20 ドルのはずだった請求書が 600 ドルになってしまいます。"

分かりやすい価格設定とベンダーのロックインを回避することに加えてChris氏は、新規および既存の Jarvus の顧客や Code for Philly プロジェクトに Linode を推奨し続けるもう一つの理由として、彼が受けるサポートのレベルの高さを指摘しています。

"Linodeでチケットを開くと、私の問題を理解し、それに対処しようとしてくれるのは人間です。"Azure, AWS, Google のサポートに頼らないとならない場合はいつも私のためには何もしないで、この記事を読んでくださいと言ってくる人がいます。"

Chris氏、Code for Philly、Jarvusの彼のチーム、そしてLinodeの間では兄弟愛と呼んでもいいくらいの仲間意識がたっぷり芽生えています。 

これをシェア