メインコンテンツにスキップ
ブログデータベースデータベースの管理型と非管理型を比較する

マネージドデータベースとアンマネージドデータベースの違いを理解する

マネージド・データベースとアンマネージド・データベース・デプロイメントの理解_ブログ

データベースは、「一律」のサービスであることはほとんどありません。さまざまなタイプ、展開方法、および構成オプションがあります。個人ユーザーまたは DBA として、データベースを単一ノード、管理ノード、またはクラウドプロバイダーの database-as-a-service (DBaaS) が管理するクラスタにインストールすることができます。また、アプリケーションによっては、MySQL用のGaleraクラスターを作成するなど、よりカスタムなセットアップを選択することも可能です。多くの場合、データベースのパフォーマンスと、アプリケーションが収集するデータの種類によって決定されます。

マネージドかアンマネージドかという判断は、多くの場合、お客様やお客様のチームがインフラ を保守するためのスキルセットと時間的余裕に帰着します。マネージド・データベース・サービスを利用すれば、重要な保守やアップタイムのタスクをクラウド・プロバイダーに任せることができるため、アプリケーションの開発に多くの時間を割くことができます。

マネージドデータベース

マネージド・データベース・サービスは、自給自足のデータベース・クラスターを簡単かつコスト効率よく展開する方法を開発者や組織に提供します。日常的な更新やメンテナンスのために、高度なデータベース管理スキルはもはや必要ありません。これらのタスクはクラウドプロバイダーに委ねられるため、開発者はアプリケーションの他の側面に集中することができます。

マネージド・データベース・プロバイダーは、高可用性のためのマルチノード・データベース・クラスターの展開など、ベストプラクティスを用いてデータベースのホスティングとパッチを確実に行うための支援をします。また、プライマリノードがメンテナンスのために利用できない場合や、その他の問題でダウンタイムが発生した場合に、データベースの複製を作成してフェイルオーバーすることも可能です。

マネージドサービスを検討する場合、これらの共通点が見えてきます。

  • データベースのマイナーバージョン、メジャーバージョンのメンテナンスの自動化
  • 保存期間を明確にしたバックアップを内蔵
  • データベースノードをサイズ変更可能で、ボリュームに応じたスケールアップ/ダウンが可能
  • カスタマイズ可能なメンテナンスウィンドウ
  • データベースを "稼働 "させるための高可用性
  • 現在のデータベースバージョンに対応
  • データベースノードへのアクセスを許可または制限するための組み込みのアクセスコントロール

マネージド・データベース・サービスは、データベース管理システム(DBMS)のメンテナンスや、基盤となるインフラの稼働を保証するという点で、比較的手間のかからないデータベースだけを必要とするユースケースに適しています。

アンマネージド・データベース・デプロイメント

管理されていないデータベースの導入は、サポートの負担をすべて開発者またはインフラチームに負わせます。多くの場合、LAMP や LEMP などのソフトウェアスタックの一部としてインストールされるデータベースは、アプリケーションの中核となる信頼性とセキュリティを確保するために、メンテナンス、アップグレード、監視を必要とします。これは、規模が大きくなると非常に時間がかかり、脆弱性があればすぐに侵入されてしまう可能性があります。

時間と労力を節約するために、大半のワークロードにマネージドサービスを利用したくなるかもしれませんが、開発者はプロバイダーの提供するサービスに制限を感じるかもしれません。

アンマネージド・データベース・デプロイメントを使用する場合。

  • プロバイダのDBaaSの範囲を超えたリソース要件(サイズやIOPSなど)
  • 希望するDBMSやオペレーティングシステムのサポートがない
  • セキュリティのためのプライベートネットワークやファイアウォールの要件
  • データ主権への対応
  • 高度なデータ暗号化要件
  • 本番環境に導入する前に、データベースのメジャーアップデートとマイナーアップデートをテストする。
  • 本番環境以外の開発またはテスト環境

多くの業界ではデータベース・セキュリティに厳しい基準を設けているため、クラウドDBaaSの提供はコンプライアンスに反する可能性がありますが、これは好みまたは社内ポリシーの問題である可能性もあります。

Linodeにデータベースを展開する

Linodeマネージドデータベースについての詳細や、お好みのデータベースエンジンのアップデートを受け取るためにご登録ください。

また、LinodeMarketplaceからデータベース管理システムをデプロイしたり、「Installing and Configuring MySQL onUbuntu 20.04」のように、様々なLinuxディストロにデータベースをインストールするガイドに従うこともできます。


コメント 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。