メインコンテンツにスキップ
ブログLinodeapi_spec()

api_spec()

新しいAPI コールの導入:api_spec() - LinodeAPI 仕様全体を機械可読形式で生成します。 生成される構造体は、すべてのAPI クラスとメソッドを含み、メソッドのパラメータ、その説明、データタイプ、デフォルト値、どのようなエラーが発生するかを含みます。

API バインディングまたはツールを実装する際によくある問題として、同じクラス、メソッド、プロパティ、型検証、およびエラー処理を複製することになることがあります。ー それは冗長でエラーに弱く、コードの変更時に新しいAPIメソッドやパラメータの提供を受けないものとなります。

API 仕様をマシン読み取り可能な形式で使用できるようにすることで、構造を取得し、構造体の内容から API を動的に実装するツールが作成できます。 メソッドのハードコーディングはありません。 パラメータのハードコーディングはありません。 ビットロットなし。

呼び出しは認証が不要です。

お楽しみください!
- Chris


コメント (2)

  1. Author Photo

    Nice, I’ll have to check this out. Perhaps it will make writing a Drupal module easier, as well as implimenting custom php functions to call and validate Linode api calls.

  2. Author Photo

    Anything that makes writing Drupal modules easier has to be a good thing 🙂

    Good job folks, I will find that handy in the coming months of development!

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には*印がついています。