メインコンテンツにスキップ
ブログ中小企業が適切なクラウドプロバイダー探しをより洗練されたものにする方法

中小企業が適切なクラウドプロバイダー探しをより洗練されたものにする方法

Unclouded Blog|Linode

今日、事実上すべてのビジネスがクラウドに依存しています。しかし、誰もがその大きな可能性を十分に活用できているわけではありません。特に中小企業にとっては、クラウドのメリットを最大限に活用する上で、まだ大きな障害が残っています。 

クラウドプロバイダーが提供するさまざまな機能と、中小企業が実際に必要とするコア・サービスとの間に相違があると、不必要に複雑化し、しばしばコストという別の大きなハードルにつながります。現在、中小企業の半数以上がクラウドに年間120万ドル以上を費やしていますが、プロバイダの機能、価格モデル、またはその両方を十分に理解していないため、その投資の3分の1も無駄にしているのです。 

では、中小企業がクラウドを選択する際には、実際に何を重視すべきなのでしょうか。また、サポートなどの基本的な部分で妥協することなく、どのように投資を適正化すればよいのでしょうか?そこで今回は、アカマイのクラウド・エクスペリエンス部門責任者であるブレア・ライオンと、クラウド購入の進化と、中小企業がプロバイダーを選択する際に考慮すべき点について話し合いました。この対談の全文は以下でお聞きいただけます。

以下の記録は、長さと流れを考慮して編集されています。

Mike Maney: : クラウドサービスを利用する中小企業が増えているが、中小企業のニーズは満たされておらず、コストが膨らんでいる。メガ・プロバイダーは中小企業のニーズに効果的に応えているのだろうか?

ブレア・リオン 大手プロバイダーが中小企業の期待を裏切っている点はいくつかあります。まず、サポートですが、もし中小企業向けに提供されているのであれば、その限りではありません。次に価格ですが、Linodeのような代替プロバイダと比較すると、通常2倍の価格設定になっています。このように、今日の市場で中小企業がクラウドの運用と支出を効率的に行うことは、本当に難しいことなのです。 

中小企業は、メガプロバイダーが提供する複雑なサービスを管理するための専門知識を社内に持ち合わせていないだけなのです。中小企業、そして企業でさえ、最大の関心事は、クラウドの複雑性を管理する代わりに、顧客体験や製品開発により多くの時間を割くために、インフラ をいかに簡素化するかであると語っています。 

もうひとつ、スキルギャップがあります。大規模なハイパースケーラ ーの複雑なシステムの使い方を理解している人を雇うのは大変なことです。このため、クラウドを効率的に利用しようとする中小企業にとっては、困難な状況が続いています。インフラ. 

Mike Maney: コアプリミティブの話をしよう。コアプリミティブとは何か、そして中小企業がコアプリミティブについて知るべきことは何か。

ブレア・リオン 中小企業は、クラウドのコンピュート、ストレージ、ネットワーキングの各機能に注目する必要があります。これらは、中小企業が必要とするコアなプリミティブです。クラウドコンピューティングとは、共有GPUや専用GPU、Kubernetesやコンテナなどの仮想マシンを指します。そしてストレージ。バックアップからブロックストレージ、オブジェクトストレージまで、あらゆるものが含まれます。さらに中小企業では、スケーラビリティを確保し、ロードバランサーを活用し、クラウドでのアプリケーション実行を容易にするその他の機能を利用できるネットワークも必要です。 

大手クラウドプロバイダーが買わせたがっている何百ものサービスが必要だという誤解があります。しかし、実際には、中小企業がアプリケーションを実行するためには、これらの中核的な機能だけが必要なのです。 

Mike Maney:これらのコアパラメータについて、プロバイダー間で性能は同等か?

ブレア・リオン 良いニュースとしては、機能のバリエーションが増えたことです。 代替プロバイダーの選択肢が増えたことで、中小企 業はワークロードに応じて適切なものを選択できるようになり ました。また、クラウドであるため、簡単に拡張や縮小が可能です。 

5~10年前、企業は大規模なハイパースケーラで運用しなければならないと考えていました。しかし、Linodeのような代替クラウドプロバイダーが台頭し、最新のAMDプロセッサーとNVMeブロックストレージを利用して、大型ハイパースケーラーと同等かそれ以上の性能を、半分の価格で提供するようになったため、ここ数年で劇的に変化したのです。 

Mike Maney: メガ・プロバイダーへの信頼が薄れている。Clearpath Strategiesの調査によると、開発者の5分の1が「疑うべき理由がある」と回答しています。信頼できるプロバイダーとはどういう意味なのでしょうか?

ブレア・リオン メガクラウドプロバイダーの多くは、様々な部門や事業を所有しているため、利益相反の問題を抱えています。データが勝手に使われていたり、eコマースショップと競合していたりすると、パートナーへの疑心暗鬼が生まれます。しかし、今日では、こうした問題に対処するだけでなく、利害の衝突やビジネス上の競合がない代替手段に目を向けることができるようになったのは、良いことです。 

シンプルさ、価格、サポートに尽きる。これらは中小企業にとって非常に重要です。アカマイの導入により、Linode はクラウドコンピューティング、ストレージ、ネットワークだけでなく、セキュリティや配信も提供できるようになります。このような代替サービスを探している中小企業向けに、Linode は無料のトライアルクレジット、大規模な概念実証、無料の移行を提供しています。代替クラウドが自社に適しているかどうかを確認する方法は、現在いくつかある。


コメント 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には*印がついています。