メインコンテンツにスキップ
ブログ計算する舞台裏の話。インフラ 改善のためのインクリメント

舞台裏の話。インフラ 改善のためのインクリメント

舞台裏の特集画像 -インフラ の改良を漸進的に進める。

この1年、私たちは様々な変化を遂げました。柔軟でスケーラブル、そしてユーザーフレンドリーなプラットフォームを維持しながら、サービスの幅を広げ、成長する機会を得ることができました。この旅は、飛躍ではなく、私たちを前進させる一連の漸進的なステップなのです。私たちは、この拡大努力を可能にするために、水面下で多くの作業を行ってきました。その舞台裏を、これからも皆さんと共有していきたいと思います。 

将来のための基礎固めは、バックエンド(インフラ )のハードウェアとネットワークから始める必要があります。これらは、新しい機能やサービスに目を向けると見落としてしまうこともありますが、強固な基盤があれば、より強力なプラットフォームを構築することができるのです。

もっとパワーを。より高速なCPU

もっとパワーを。より高速なCPU

私たちの既存リージョンの多くは現在、AMDEPYC™ 7713 CPUを搭載しています。このCPUを、当社の現行製品でより一般的なZen 2プロセッサーの1つである7542と比較すると、やはり生のパフォーマンスが大幅に向上していることがわかります。

EPYC 7542と7713のCPUの比較

ブーストクロックが23%向上し、より負荷の高いワークロードに対応できるようになりました。コア数が増えることで、単一の実行エンジン上で実行される命令によるリソースの競合やボトルネックの可能性が減少します。

L3キャッシュは64MBから256MBへと、なんと400%も増加しました。L3キャッシュが大きくなったことで、CPUがデータを求めてRAMを頻繁に叩くことがなくなりました。RAMはまだほとんどのストレージ形式よりも高速ですが、CPUキャッシュはプロセッサに内蔵されているため、RAMよりも大幅に高速です。L3キャッシュが大きいと、ゲームやビデオエンコードなど、メモリを多用するアプリケーションでパフォーマンスが向上します。

標準高速ストレージ

2021年にすべてのNVMeブロックストレージを導入し、回転ディスクやSATA SSDよりも大幅に性能を向上させましたが、それはほんの一部です。当社のコンピュートプランでは、ローカルストレージを標準装備しています。これは他のプロバイダーでは珍しく、アタッチドストレージやテンポラリーストレージしか提供されていません。

ブロックストレージは、データを均一な「ブロック」に分割するため、複数のVMやホストにまたがる必要がある高性能なファイルシステムに最適です。ブロック・ストレージは通常、ローカルで使用されます。つまり、ストレージが直接接続されているのと同じハードウェア上にVMが置かれているか、ネットワーク・アタッチド・ストレージ(NAS)として使用されています。

どちらの構成でも高いパフォーマンスを発揮しますが、サーバーと同じマザーボードに物理的に接続されたディスクを叩くのと、イーサネットで接続されたNASデバイスを叩くのとでは、大きな違いがありますね。 

ローカルストレージとネットワークアタッチド
同じディスクを使用した場合、ネットワークストレージよりもローカルストレージの方がパフォーマンスが高くなります。

同一のNVMeディスクが2台あれば、NASよりもローカルストレージの方が常に高いパフォーマンスを発揮します。しかし、NASはより柔軟で、複数のホストからアクセスできる大規模なストレージアレイを構築することが可能です。当社のプランにはローカルストレージが付属しており、VMにアタッチできる追加のブロックストレージも提供していますが、すべてNVMeを使用しています。

ソフトウェアRAID コントローラー

KVM Xen KVM 、同じハードウェアを使用しながら、VM のパフォーマンスを大幅に向上させました。今日に至るまで、私たちは新しいビルドの一部としてソフトウェアRAIDコントローラを備えたLinuxカーネル仮想化を中心に構築し続けています。

ハードウェアRAIDコントローラは、かつてソフトウェアセットアップよりも高速であると考えられていましたが、より高速なCPUにより、ソフトウェアコントローラはハードウェアと比較して、改善されないまでも、同様のパフォーマンスを発揮します。新しいデータセンターでの構築の一環として、Linuxカーネルのマルチデバイス(MD)とカーネルブロックドライバを使用するようになりました。

RAID

LinuxソフトウェアRAIDコントローラはmdadmで管理され、ホットスワップシャーシを必要としない内蔵ホットスワップ機能など、より高いレベルの柔軟性を持つ構成が可能です。これらのセットアップは、定期的な整合性チェックを実行し、不良セクタの自動修正を実行します。

エスエムビーオーエス

2022年10月より、弊社のホストはシステム管理BIOS(SMBIOS)を搭載するようになりました。SMBIOSは、ユーザーがMIFデータベースに問い合わせ、コンピュートインスタンスに関する情報を取得する機能を提供します。 これを追加してからインスタンスがブート/リブートしていれば、dmidecodeコマンドでインスタンスタイプとIDを調べることができます。

走ってください。

dmidecode -t1
dmidecodeの出力例

以前は、この情報はオンデマンドでは利用できませんでしたが、現在はターミナルからいつでも引き出すことができます。これは、ローカルのメタデータAPI の代わりにはなりませんが、カスタムスクリプトの便利なツールになりえます。

And More and More

私たちは、新しいサービスを開発するために、常に一貫した改良を続けています。今後も、細かい部分から大きな部分まで、常に最新情報をお届けしていきますので、よろしくお願いいたします。

リソースブログ技術資料ニュースレター


コメント (3)

  1. Author Photo

    I’ve been a linode customer since April 2004, where it was a UserModeLinux (UML) based system, with a whopping 64Mb RAM and 3Gb disk (plus 1.5Gb disk for paying yearly).

    Over the past 19 years your upgrades have meant I now have 4Gb RAM, 2CPUs, 80GB storage. A massive increase. All for the same price (well, until next month, anyway).

    It’s good to see linode keeping up the tradition of improving the service!

  2. Author Photo

    The complicate one is when Linode instand got bigger storage than the current one.

    It’s really hard to resize.

    What if we need only create server capacity without increase storage?

    What if we need only crease storage but not server capacity?

    • Hong Diep

      Jirou:Thanks for the suggestion! We’ve added it to our internal tracker and have passed along your feedback to our team. This way, the relevant teams can keep this in mind as we continue to improve our infrastructure and services.

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には*印がついています。