メインコンテンツにスキップ
ブログデータベースユニークなアプリケーションにはユニークなデータが必要インフラ

ユニークなアプリケーションにはユニークなデータが必要インフラ

ラップトップ・コンピュータの上に置かれたデータベース・クラスタのアイコンを示す画像と、「Marketplace Database Tools」のテキスト。

アプリケーションは、基本的なWebサーバーのログやトランザクションから、大規模な言語モデルへのフィードのために取り込まれる非構造化データまで、あらゆるデータを生成するものである。データベースを取り巻く環境は常に進化しており、アプリケーションの要件は新しいビジネスニーズに対応するために変化しています。需要に応じたバックエンドの構築は、「このワークロードを自分自身(あるいは自分のチーム)でサポートできるか?あるいは、データベースの管理と拡張を支援する、より簡単な方法はないでしょうか?

アプリケーションの規模が小さい場合でも、機能や性能を追加するには、異なるデータソースを扱うために設計を見直す必要があるかもしれません。新しい保守・監視ツールは、あらゆるユースケースに対応できるため、選択肢を整理してみましょう。アプリケーションに関係なく、データベースをサポートする方法は3つあります。

セルフマネージド

データベース環境の導入、構成、管理、および一般的なメンテナンスは、お客様の責任で行ってください。何か問題が発生した場合、バージョンアップが必要な場合、または追加容量が必要な場合、これらのルーチン作業を手動で行うのはあなたの責任です。しかし、チームの規模や経験によっては、難しい場合もあります。

マネージドサービス

クラウドプロバイダーは通常、合理的な導入プロセスを提供し、お客様のデータベースを管理・保守します。これには、高可用性の維持、バックアップ、データレプリケーションのタスクが含まれます。このような環境では、日々のパフォーマンスに関与することは少なくなり、マネージド・サービスに追加費用が発生します。お客様は、取り込まれたデータを管理することはできますが、バックエンド(インフラ )は、プロバイダーが管理します。

セルフマネージメント - クラスタ化されたデプロイメント

特に、高可用性を必要とする大規模なアプリケーションやアーキテクチャ設計をサポートする必要がある場合、または複数のデータベースタイプを使用する場合、選択したデータベースを一度に1ノードずつ手動で展開することは面倒な作業となります。データベースクラスタの展開では、同じ展開内でノードとレプリカを構成することで、このプロセスを高速化することができます。 

このオプションでは、マネージドサービスでは不足しがちなコントロールが可能で、複数の仮想マシンにレプリケーションを伴うデータベースを迅速にインストールする柔軟性があります。ただし、クラスタ展開後のデータベース管理作業はすべてお客様の責任となります。

データベースの自己管理

弊社では、マネージド・データベース・サービス、またはMarketplace のソリューションを使用して、これらのシナリオのいずれにおいてもお客様のアプリケーションとデータベースインフラ をサポートすることができます。MongoDBGaleraを使用したMariaDBPostgreSQLRedis Sentinelをサポートするクラスタのデプロイメントについては、最近のリリースをご覧ください。 

独自のデータベースを管理する道を進むにあたり、より一般的な管理・監視ツールをいくつか紹介します。

  • PerconaMonitoring & 管理MySQL、PostgreSQL、Percona、MongoDBのデータベース・パフォーマンスを最適化し、動作パターンを追跡します。
  • phpMyAdminは、データのインポート/エクスポート機能、データベーステーブルの直接変更、キーワードやSQLクエリを使用した検索オプションにより、データベース管理を簡素化します。 
  • クラスターコントロールは、カスタム通知やレポートの設定、複数のデータベースを1つのコントロールパネルで管理する機能など、データベースのライフサイクルをすべて管理するための1枚のガラスを作成します。

でデータベース・ツールやモニタリング・ツールについて調べることができます。 MarketplaceまたはCloud Managerでマネージド・データベース・クラスターをデプロイできます。上記のサービスや アプリに関する情報は、ドキュメント・ライブラリでもご覧いただけます。


コメント 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には*印がついています。