メインコンテンツにスキップ
ブログLinuxFedora 22

Fedora 22

Fedora 22 は火曜日に一般リリースされ、 Linode マネージャーでデプロイ可能になりました!Fedora 22 は、以前のバージョンに対して次のようないくつかの改良を行っています。

– 改良されたビルトイン Docker と Vagrant のサポート
– Python 3のデフォルト実装
– レポジトリから利用可能なDjango 1.8
– Ruby 2.2 とRails 4.2
– yumの代替えとしてのDNFパッケージマネージャ (yum は継続利用可能)。DNF の詳細についてはここまたはここを参照してください。

完全なリリースノートはこちらから入手できます。Fedora 21 は引き続きアップデートは受けることができますが、Fedora 20 は 6月26日に EOLを迎えます。

Fedora 22 を新しいにLinode に展開するには "イメージ" の下のドロップダウン メニューから選択できます。fedora アップグレードツールを使用して、Fedora 21 を実行している既存の Linode を最新バージョンにアップグレードすることができます。


コメント (1)

  1. Author Photo

    When you say “fedora-upgrade tool” you say command fedup or some specific button/option found on the linode’s dashboard?
    Thanks

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には*印がついています。