メインコンテンツにスキップ
ブログクラウド・トラストの基本を紐解く

クラウドの信頼性を高めるために必要なこと

Unclouded Blog|Linode

クラウドプロバイダーを選ぶ際、ほとんどの企業は、仕事を遂行するために信頼できる1社(または2社)を選びます。 クラウドプロバイダーを真に「信頼」するとはどういうことでしょうか。  

これまで信頼とは、稼働時間や信頼性などの品質を指していました。 しかし、信頼についての考え方は変化しています。 クラウドの主要機能はますますコモディティ化しています。 AmazonやMicrosoftのようなハイパースケールの大手企業から、LinodeやDigitalOceanのようなオルタナティブクラウドに至るまで、プロバイダーは、顧客が必要とする製品やサービスについて同等の機能を提供できるようになりました。 (また、中小企業の中には、大手クラウドプロバイダーよりも優れた価格競争力を持つ企業もあります。) かつてプロバイダーを差別化していた信頼性の尺度は、現在ではそれが基本となっています。

月々の請求額を知ることから、質の高いサポートや対応を受けること、競合他社からビジネスを守ることまで、プロバイダーは信頼の範囲と定義を拡大しています。 その結果は? 企業は、クラウドのニーズを満たすだけでなく、企業の価値観に合った代替手段を持つことができるようになりました。 

私は先日、Structure Research社のアナリストであるPhil Shih氏とこのトピックについて話し合いました。 以下のトラックで、クラウドの信頼性が何層にも分かれており、その重要性が増していることをお話ししています。 

以下の書き起こしは若干編集されています

Mike Maney: 業界関係者がクラウドプロバイダーの信頼性について語るとき、多くの場合、アップタイムについて語っています。 しかし、信頼性とはそれだけではありません。コスト面で何を期待すべきかを正確に把握していること、ベンダーのサポートを頼りにできること、プロバイダーがあなたのビジネスと直接競合しないことを知っていることなど、さまざまな要素があります。 今日、クラウドの信頼性にはさまざまな要素がありますが、構造化リサーチのアナリストであるPhil Shih氏が、これらの複数の要素について説明してくれます。 

Phil、今日はあなたをお招きできて嬉しく思います。 

Phil Shih: バーチャルでお会いできて嬉しいです。 

Mike Maney: このパンデミックがクラウドを大きく成長させました。 そしてその成長に伴い、多くの注目が集まっています。アナリストの予測に関して言うと、大規模なものについては、誰もがGartnerに注目していますが、クラウド市場は今後数年間で飛躍的に成長し、来年の2022年には3,650億ドルに達すると予想しています。 そして、その成長率は年平均15%近くにもなるとの予測で、中小企業の経営者の84%が、自社の事業運営にクラウドサービスが不可欠であると回答しています。 また、74%がクラウドなしではコアビジネスが成り立たないと答えています。 

そこで、いくつかの疑問が生じますが、これが今日の会話の面白いところです。なぜユーザーは、クラウドパートナーを選ぶようになったのでしょうか。

Phil Shih: 基本的には、これらの予測が表すのは、現在進行中で加速している大きなトレンドです。 エンドユーザー、特に中小企業レベルのユーザーがクラウドパートナーをより選ぶようになったのは、重要なビジネスをオンラインで実行することが多くなったからだと思います。 ビジネスを運営し、収益を上げ、従業員への給料や請求書の支払いを行うために、インターネットインフラやクラウドインフラサービスに依存しているのです。 

そしてその重要性は、人々がそれを頼りにしていると明確に分かり、明示するレベルに達しています。 もっとよく知るべきだし、 もっと質問すべきだと思っていて、 それは、クラウド環境で生まれたものではなく、電話や対面で対話するようなタイプのサービスを扱っていただろう彼らのビジネスが、他のタイプのビジネスサービスとは全く異なるからです。 

それをバーチャルな媒体に置き換えることは、おそらく大きなステップなのです。 そして、人々が少しずつこだわりを持つようになっているのは、このような環境に依存しているからであり、ビジネスや、率直に言って健全性の面でどれほどのリスクがあるかを理解しているからです。 だからこそ、人々は疑問を抱き、より慎重になっているのだと 私は思います。

Mike Maney: 中小企業の話が出ましたが、中小企業はとても重要な市場ですね。 クラウドの話になると、クラウドを利用する最大のユースケースである絶対的な大企業の話になることが多いですが、 ウェブの出現で見られたように、その成長の多くは中小企業、家族経営のビジネスがもたらしたものです。そういったビジネスは、必ずしも大規模な企業のレベルで運営しているわけではありません。 

では、彼らが今まで求めていなかったもの、検討していなかったものにはどのようなものがあるでしょうか。 つまり、 彼らにとってクラウドは絶対的に重要なものだということは判明しました。 それは、 私たちがもたらした変遷であり、クラウドを使うか使わないかという時代は終わっています。 彼らは今、どのようなことを検討しているのでしょうか? 何が変わったのでしょうか。 

Phil Shih: エンドユーザーの多くは、俯瞰的なレベルでの透明性を求めていると思います。 サービスがどのように機能しているのか、いつサービスプロバイダーに連絡できるのか、サービスプロバイダーとどのようにやり取りできるのか、自分のウェブサイトやアプリケーション、eコマース、ストアフロントに関する問題にどの程度対応してくれるのか、といったことを知りたがっています。 

これが大きな変化の1つで、人々がただ反応するだけではなくなってきているということだと思います。 これまでのクラウドサービスは、一般的に問題が起きたところに対応するタイプのカスタマーサポートだったと思います。 多くの作業がウェブサイトを立ち上げて稼働させるまでに行われたら、 順調であれば、何か問題が発生するか非常に不可解な質問があるまでは、基本的にプロバイダーに電話することはありません。 インターネットがクラッシュしたなどですね。 私は、そうではないと思うのです。 

お客さまがプロバイダーに対して思うことは、最近では変わってきています。 それはもちろん、サービスの中核となる基盤であり、 お客さまは、そのような場合にプロバイダーに頼ることができることを知っています。 しかし、最近では、インフラを最適化する方法や、オンラインでできる他のことについても質問するようになってきており、クラウドインフラに限らず、よりビジネスに関する質問をするようになっています。というのも、最近ではその境界線が曖昧になってきており、両者はより密接に絡み合っていると思うからです。 サービスを販売したり、ウェブサイトやオンラインアプリ、モバイルアプリで顧客の予約を取ったりしている場合などです。 

質問の範囲や性質も、反応的ではなく、もう少し積極的で、アドバイザーのような相談者のようなタイプになってきていると思います。 そしてそれは、サービスプロバイダーが顧客に対応する方法、ひいては顧客がそのような関係を望む場合にサービスプロバイダーを選択する方法を変えるものだと思います。 そのような関係を求めているのであれば、それを見つけようとするでしょう。 クラウドインフラサービスの素晴らしい点は、各プロバイダーがユニークで、顧客へのサービス方法や顧客との関わり方が異なることです。 このことは次第に明らかになってきていると思いますし、お客様は賢明であり、それを理解しています。 そして、質問を選び、それに応じて選択していくでしょう。

Mike Maney: これまでは、インフラは常に見えないところにあるものだと思われていました。 しかし、もはやそうではなく、非常に重要なものになっています。 そして、ビジネスのテクノロジー部分だけでなく、運営の部分にも組み込まれています。 ニューヨークで育った者として、偉大なビリー・ジョエルの言葉を借りれば、結局は信頼の問題なのです。 

多くの場合、以前はあまり重視されていませんでしたが、最近では人々が信頼について話し始めています。開発者の60%以上が、信頼性において小規模なプロバイダーを好むと答えているという統計を見たことがあります。 

そして、正確には忘れてしいましたが、約70%が大手3社から選ぶ際にも信頼性が影響を与えていると答えています。誰かが大手企業の1つが発表した調査によると、市場シェアがやや小さいにもかかわらず、現在、マイクロソフトが最も信頼できるプロバイダーと考えられているそうです。 つまり、クラウドとインフラがビジネスに深く浸透していることを知り、誰と一緒に仕事をするかという点で、信頼が重要になってくるということですね。 これは人間としてもそうですが、ビジネス環境ではより重要になると思います。 

では、クラウドプロバイダーに対する信頼とは どういうことなのでしょうか? その定義も進化しているのでしょうか? インフラの研究を行っている他の企業やコミュニティと話しているときに、 どのようなことが見えてきますか? 

Phil Shih: 信頼は、一般的に、より多面的なものになってきていますよね。 先ほど、お客さまがプロバイダーとのやり取りを反応的にではなく、より積極的に行うというシナリオを説明しましたが、 インフラが見えないから意識しないというような状況ではなくなり、 エンドユーザーは、サービスを利用したり、サービスを更新したり、サービスについて質問したりと、サービスとの対話に多くの時間を費やすようになっています。 相互作用のポイントが増え、サービスの重要性が高まっているのです。 

プロバイダーは、単に良いサービスを提供するだけではなく、信頼を構築しなければならない分野が増えています。 アドバイスやコンサルティングのような性質を持つ関係であれば、プロバイダーと顧客の間に信頼関係がなければなりません。プロバイダーがある行動を推奨したり提案したりして、その行動が良い結果を生むとしたら、顧客はそれを信用できます。 

そこに信頼があり、もしその結果で収益を上げられれば、 その信頼はもう一段階上のレベルになります。 エンドユーザーは、サービスプロバイダーを単なるインフラプロバイダーとしてではなく、自分たちのビジネスを可能にしてくれる存在だと考えるようになります。 これにより、さらに信頼につながっていきます。なぜなら、サービスプロバイダーが仕事の専門家であることを証明し、ポジティブな結果をもたらす行動を推奨してくれたからです。  

これは他の分野にも当てはまると思います。もっと詳しく説明することもできますが、ここではコストの話をしましょう。 クラウドを導入したばかりの頃はもちろん、今でも多くのお客様が「請求書を見てびっくりした」という話をしています。 サービスの仕組みをよく理解していないからです。 

これは、パブリッククラウドプロバイダーのやり方が必ずしも悪質であるということではなく、顧客が理解し、細かい文字を読み、すべてがどのように機能するかを理解し、それに応じて行動することが求められているということです。 そのギャップを埋めようとしたプロバイダーもあります。 そして、そこでの最終目的は信頼だと思います。 そのプロバイダーは、顧客と真摯に向き合い、この仕組みを説明し、明確で透明性のある対応をすると伝えているということです。 顧客の支払いへの影響を説明しようとし、そこには信頼があります。 たとえ提供者が必ずしも悪いことをしていない場合であっても、信頼関係が築けていないのであれは、お客さまは間違いなくそれに応じた反応をするでしょうから。

Mike Maney: それに、価格やコストの話になると、複雑さという課題が出てきますね。 プロバイダーとしては、提供するサービスが大きくなればなるほど、より魅力的に見えます。 例えば、チーズケーキファクトリーの全メニューのようなものです。 そして、気がつくと、私はこれに大金を投じているのです。 前菜を5つ、ソーダを2つ、そしてデザートも一緒に注文したことに気づいていなかったのです。  

そして突然、 「どうしたんだろう? どうしてこんなに注文したのか。 自分でも気づかなかった」と。 ここで信頼の直接的な関係が現れます。 彼らは私が必要としているものを売ってくれているのか? それとも売れるものは何でも売ろうとしているのか。 

昨日Amazonが発表したのは、クラウドの使用を先払いするサブスクリプション課金サービスです。 その財務がどのような 仕組みになっているかはわかりませんが、 私には、消費者にはわからないところで 色々な仕掛けがあるようにしか思えません。 違いは あるのでしょうか? 大きな企業にとっての信頼と 中小企業にとっての信頼は、同じことを意味しているのでしょうか?

Phil Shih: 基本的な部分は同じだと思います。 しかし、ほとんどの場合、より高いレベルの規模と複雑さで運用されていることは明らかです。 しかし、大企業であれ中小企業であれ、プロバイダーはサービスを提供して結果を示し、エンドユーザーはそのガイダンスに信頼を置けるのか、そしてそのプロバイダーに支援を求められるのかという基本的なところは同じだと思います。 

このように、基本的には同じだと思いますが、ある程度のレベルになると、もちろん大規模な組織では、その影響ははるかに大きくなります。 何か問題が発生した場合、金額にすると数十万ドルから数百万ドルの影響があるかもしれません。 そういう意味で、「信頼」は重要です。 しかし、中小企業にとっては100万ドルでなくても、たとえ少額であっても、もちろん同様のインパクトがあります。 

このように、 中小企業でもフォーチュン500の企業でも、同じパブリッククラウドサービスを使うことが できるわけです。 つまり、パロットもパロディも、そのほとんどが基本的なレベルと いうことです。 すべての技術、すべての製品、サービス、機能は 誰もが使えるようになっています。問題は、それらを理解して使うためのリソースを持っているかどうか、そしてサービスプロバイダーにどこまで依存するかです。

Mike Maney: その依存は、どの程度が適度なのでしょうか? ウェブの出現との類似性を見るわけではありませんが、 どれだけ交流するか、どれだけの交流が必要か、私のサイトがどれだけ進化する必要があるのか。それとは反対に、ただイエローページを再現するだけでいいのかということです。イエローページを知らない世代のために説明すると、 イエローページは、インターネットの原型とも言える本でした。 私の父は写真館を経営していましたが、 インターネットが登場したばかりの頃は、イエローページのようでした。

父に言ったものです。「これに載せないと! ウェブページを作らないと!」と。 すると、父親らしく、トラッキングしている統計データを見せてくれました。 父は、大部分のお客さんはこの大きなイエローブックを見てやってくるんだと言うので、 私は、「じゃあ基本的なものだけでもいいから作ろう」と伝えたんです。 これは、現在の人々のクラウドでの状況です。 

企業や中小企業にとってのクラウドの要件や信頼性の要件について話すとき、 企業の場合は、地理的に限られたイエローページを超えて、グローバルに展開する必要があります。 一方、中小企業は一定の地域内にいればいいので、成長し続ける大規模な計画がない限り、サービスを提供することができるでしょう。 これは学びのプロセスでした。  

同様に、信頼を語る時には警告を出すものも考慮する必要があります。 信頼の要素には、 どのようなものが あるでしょうか。 プロバイダーへの 信頼を失ったり、疑ったりする原因には何があるでしょうか? 昨日見たように、Amazonがポッドキャスティング技術とそのアプリを買収しましたが、それは自分のビジネスを脅かすものなのかと、人々は思ったでしょう。 自分たちが使っているプロバイダーは クラウドプロバイダーなのか? それとも、もっと大きな計画があり、 自分の競合相手になるのだろうか?と。 他にも危険な兆候がありますか? 他の人と話している時などに そういったことが話題に上りますか?

Phil Shih: 信頼という概念についてはいつも考えていて、お客さまやクラウドサービスのエンドユーザーから聞いていることは、常に「透明性」と「説明責任」に帰結します。 私が思うに、 問題が生じるのは、利用規約やサービス契約の内容、サービスの価格やコスト、ある製品やサービスを購入したときに得られるものなど、サービスの提供方法に透明性がないサービスを利用しているときだと思います。  

そして、何か問題が起きたとき、お客さまは透明性と説明責任を求めるようになってきていると思います。 何か問題が起きたときには、かなり理解してくれて、許してもくれますが、 成功しているサービスプロバイダーには透明性があり、責任を果たし、説明責任を果たしています。 

そしてもちろん、できる限りお客様のために修正しようとするでしょうし、それが好意や、時には数値化するのが難しい信頼につながるのです。 お客さまのために正しく行動するプロバイダーは、サービスの内容や協力体制についてお客さまに明確なイメージを提供することができます。  

そして、物事がうまくいっても、うまくいかなかなくても、対応し、説明責任を果たします。 公平さ、正直さ、誠実さ、これらすべてが信頼という概念に結びついていると思うのです。 インターネットが成長し続け、誰もが日常生活、個人生活、ビジネスライフの一部になっている今日、この概念はより重要になっていると思います。 これは非常に重要なことです。 何かを設置したらそれを放置するのではなく、それに対処もするのです。 これはサービスなのです。 これは関係なのです。毎日ではないかもしれませんが、より頻繁に行われるようになった関係です。 だからこそ、信頼関係が必要であり、それは多面的なものです。

Mike Maney: そして、サポートもその一つですよね。 昨晩の私の個人的な経験から言うと、サポートは信頼の問題でもあります。私は昨晩、両親を困らせてしまったので、これによって両親が長男である私をどれだけ信頼しているかはわかりません。 このミーティングの後に関係修復を試みようと思っています。しかし、ITサポートのシナリオでは、さまざまなプロバイダーが差別化を図ることができます。多くの企業、特に中小企業にとって、規模の問題やスケールの課題があり、必要なコストやサポートを得られるだけの量や費用を持っていない可能性があります。 

代替プロバイダーの一部はこれをとてもうまくこなしているものもあります。多くの企業にとって、クラウドのサポートは決して安いものではありませんから。 GoogleのGoogleサポートは、インスタンスの数やユーザーの稼働状況に応じて、最低でも1ヶ月あたり12,500ドルかかると言われています。 Amazon 、クラウドの総コストやサポートの何パーセントかをユーザーに請求しますが、これは小規模な企業でも月に数千ドルかかることがあります。 代替案としては、自分でドキュメントを検索して、自分で解決してくださいということです。  

そうするとスキルギャップが生まれ、これは私たちにとって非常に大きな問題で、COBOLでさえ大変だったのに、 クラウドのスキルギャップさらに大きな問題となりそうです。 そこで、サポートは信頼という概念にどのように関わってくるのでしょうか?

Phil Shih: それは大きな部分を占めています。あなたが素晴らしいフレームを示してくれたと思います。特定のサービスには異なるコスト構造があり、それが何であるか、どのようにサポートを利用するか、そのためにいくら支払うか、どのくらいの頻度で利用するか、などを前もって決めておく必要があるでしょう。  

小規模な組織や幅広い中小企業では、これらのことはおそらく装備が整っておらず、多くの時間をかけて考えることもないでしょう。彼らが求めるのは、そこにいる人であり、うまくやってくれる人です。例えば、多くのセルフサービスを読んだり、ボットに話しかけたり、リファレンスガイドを読んだりするのは、特定の人にとっては、あるレベルのクラウドスキルやある年齢層にとっては良いことですが、中小企業の分野を見ると、多くの人がそれを快く思っていないのが現状です。 

利用可能なサービスがあることが大切です。彼らは生活の中で他の業者とのやり取りに慣れていて、電話をするのが好きで、ボットと話すのは好きではなく、もしメールをするなら、相手側に人間がいて、電話やZoomコールで話したりできるオプションがあるものを望んでいます。 中小企業のユーザーの多くは、必ずしもユーザーガイドを読むことに抵抗があったり、忍耐力がなかったり、あるいは経営者であると同時にIT担当者でもあるため、時間がなかったりするのです。 

もしそうであれば、サポートの形態、サポートのレベル、対話の方法などは、顧客が選択するものなのです。先ほどからの会話でもある通り、選択をする、あるいはプロバイダーを選択するということは、最終的には異なるユーザー体験やカスタマーサポート体験を選択することになることが多いのです。 それが顧客にとってポジティブな体験であれば、 もちろん、 信頼を強化するものだと思います。 悪い場合は、おそらく相性が悪く、サービスプロバイダーとエンドユーザーの間の信頼を高めることにはならないでしょう。

Mike Maney: これは私にとって衝撃的なことのひとつでした。 私がLinodeで働き始めたとき、この市場のクラウドインフラプロバイダーは、いまだに100%人間による、感情的にならない、無料のサポートを行っていました。 そんなことができるのかと衝撃的でした。 そして、建物に入って最初に目にしたのがサポートチームでした。  

テクノロジーの世界では、個人の開発者であろうと大企業であろうと、誰かが問題を抱えたときには、電話をかければまったく同じように扱われます。昨日、Twitterでくまのプーさんの名言を紹介したのですが、「そのサイズに関わらず、お客様はみんな同じお客さまだ」というものです。これは今までの経験とは異なることで、 これまでテクノロジーに期待するように教えられてきたすべてのことに反しているのですから。  

そこで、もう少しトリッキーな質問ですが、社会として、人間として、ユーザーがますます社会的利益に関心を持つようになっていますよね。 ツイッターや一般的な市場で起きていることを見る限り、人々は価値観の合うベンダーと仕事をしたいと考えています。 

しかし、最近の調査結果を見ると、それが逆転していることがわかります。 73%の人が自分のニーズに合ったベンダーを選び、14%の人が自分の価値観に合ったベンダーを選ぶという統計を見たことがあります。 私たちは自分の価値観に合った人や会社と仕事をしたいと考えていますが、実際には、人々が最初に見るのは「私のニーズを満たしてくれるかどうか」なのです。 それは分からなくもありません。 

そこで質問ですが、ユーザーはベンダーを選ぶ際に、最も人気のあるベンダーを選ぶという安易な選択をしがちなのでしょうか。 自分のニーズや価値観に合ったベンダーを選ぶという選択ではなく? どう思われますか?

Phil Shih: 私たちはおそらく前者で、後者に向かってゆっくりと進んでいると思います。大局的に見れば、この種のものはまだ新しく、登場してから20年ほどしか経っておらず、今回のパンデミックでそれが加速しましたが、それはごく最近のことで、私たちはまだこのパンデミックの真っ只中にいます。 ですから、 

思うに、その新しさゆえに、多くのユーザーが慣れていないことと、インターネットができることに慣れ始めている段階にいることが原因だと思います。 つまり、このような文脈や環境では、人々はより簡単な決断に引き寄せられるというのは、ほぼ自然な副産物だと思います。「これが私のニーズを満たしてくれる。これについて深く考える時間はないし、外に出てもっと深く調べて他のものを探そうとする知識もない」というふうにです。 「そのようなことを心配するのは、もう少し後になって、もっと慣れてきて、自分のビジネスがオンラインで思い通りにスケールアップして、すべてがうまくいくようになってからにしよう」と いうことだと思います。 

さらに付け加えると、クラウドプロバイダーを選択する際に、「あなたは家では技術者のようだから」という理由で、 あなたが選ぶものに従うということがあると思います。 それがベストなアイデアかどうかは別にして、 誰もがあなたに期待するでしょう。 でも、他の環境では、いとこや、チームの中でコンピュータサイエンスのコースを取っている人に電話するでしょう。 それほど、あまり深い意味がない事もあるということです。 もし誰かが、ビジネスを経営している友人がいて、その友人が「Linodeで素晴らしい経験をしたよ」と言ったとします。 友人がLinodeは良いサービスだと言っていたというのは、その人がそのサービスをより深く検討するのに役立つでしょう。 ビジネスが成功していれば、その友人の判断を信頼できますしね。 Googleで検索して何を入力すればいいのかわからないよりは、彼のウェブサイトは今週も爆発していないし、見に行ってみようと思うでしょう。 クラウドホスティング、クラウドコンピューティング、クラウドインフラ と、この業界では、製品やサービスの名前が頻繁に変わってきました。  

一般的な中小企業のエンドユーザーが、このような状況に対応できるとは思えません。 価値観は常に重要で、 私たちはおそらくその方向に向かっていると思います。特に、このメディアを初めて使う人や新しい人はそうでしょう。 それが良いことであれ悪いことであれ、おそらくより簡単な決定を下すでしょうし、 それが現場の現実だと思います。

Mike Maney:そしてもうひとつの現実は、インフラ 、ユーザーや企業が実際に選択肢を持てる段階になったということです。これまでは、必ずしも大きな選択肢があるとは言えませんでしたが、Linode、DigitalOcean、Hetznerなどの小規模なプロバイダーが追いつき始めました。 ハイパースケールにはさまざまなレベルがあるのですか? その通りです。大手3から4社の中小企業とは思えないような超トップエンドの企業があります。  

また、LinodeやHetzner、DO、OVHなどのプロバイダーもあります。 これらもトップエンドの一部ではありますが、市場の異なる部分にサービスを提供しています。 AWSのMattがいつも言っていますが、私はいつも言い換えを間違えてしまうのですが、彼はパイが大好きなので、パイという言葉が印象的です。彼は、「パイのサイズが大きいだけで、皆大きなパイが好きなんだ」と言っています。 市場をパイに例えた名言です。 

では、信頼性の観点から市場はどこに向かっていると思いますか? クラウドを選択する際の決め手となっていくのでしょうか? また、選択肢が増えれば、誰かの価値観や社会規範に合致したクラウドを選ぶことも容易になるのでしょうか?

Phil Shih: 重要性は増す一方だと思います。 諺にもあるように、信頼を築くには時間がかかるものです。 もしあなたが既存のクラウドサービスを利用していて、信頼関係が築けていないのであれば、移転して新しいものを試してみるか、少なくとも他のサービスを検討することになるかもしれません。もしあなたがインターネットに慣れていないのであれば、それを考慮に入れることになるでしょう。  

しかし、最終的に信頼を築くには時間がかかるでしょう。 あなたが先ほど言ったように、 業界の観点からも見てみると、 サービスも歴史を重ねてきて、知名度を上げた企業もあります。「上げ潮はすべての船を引き上げる」という言葉がありますが、コマーシャルや従来の広告に加え、クラウドコンピューティングサービスの広告が登場し、DigitalOceanのような公開企業も増えています。 そのため、この業界の知名度、正当性、いわば社会的信用は高まる一方であり、今回のパンデミックはそれを加速させたというのが共通の見解だと思います。 

だからこそ、その重要性は高まる一方だと思います。そして、ビジネスのインターネットへの依存度が高まり、オンラインで行うことの複雑さが増すにつれ、当然のことながら、これまで述べてきたような多面的な方法で、信頼がすべてに結びついてきます。 だからこそ、それを理解し、独自の方法で顧客にそれを明確に伝えられるプロバイダーが成功するのだと思います。 

これは単なる取引ではなく、非常に重要なプロセスであるため、時間が経てば経つほど強化されます。 これは、開発し、改善し、そして繰り返さなければならないものです。なぜなら、もうひとつ強調しておきたいことは、信頼を築くことはできても、パフォーマンスを発揮せず、お客さまが求めるようなサービスを提供し、お客さまのために正しく行動しなければ、信頼を失うことにもなるからです。

Mike Maney: 素晴らしい考察です。 Phil、このコールに参加していただき、ありがとうございました。 とても素晴らしい会話ができました。 これは重要なテーマだと思いますし、あなたがおっしゃったように、この業界が前進するにつれ、その重要性はますます高まっていくことでしょう。 またお会いできるのを楽しみにしています。 お招きいただきありがとうございました。 楽しかったです。


コメント 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には*印がついています。